「ポタジェガーデン」で新しい家庭菜園を楽しむ

庭に咲く花

ベランダや自宅の庭でガーデニングや家庭菜園を楽しむ人も多いと思いますが、最近では「ポタジェガーデン」というガーデニングが注目されています。

ポタジェガーデンという名前を初めて聞いた人も、何となく聞いたことがある人も、是非読んでみてください。

「ポタジェガーデン」で新しい家庭菜園を楽しむ、をテーマにまとめてみました。

「ポタジェガーデン」で新しい家庭菜園を楽しむ

ポタジェガーデンって?

ポタジェとはフランス語で家庭菜園を意味します。果樹、野菜、ハーブ、草花などを混ぜて植える、実用と鑑賞の両方を兼ね備えた庭のことを言います。

普通の畑と何が違うの?と思われるかもしれませんが、収穫重視で畝を作って同じ品種を一列に植え付けるイギリス式のキッチンガーデンに対して、より見た目を追求したのがポタジェガーデンなのです。

また野菜や花、ハーブなど色々な植物を混ぜて植えることにより、土壌が豊かになって病害虫を防ぐことができるというメリットもあり、近年新しいガーデニングとして注目されています。

どうすればポタジェガーデンにできる?

配色にこだわったり、草丈を工夫して立体感を出したりすることで、見栄えのよいポタジェガーデンを作ることができます。

またベンチやガーデンチェア、ラティスや敷石などを用いて装飾することにより、より個性的でおしゃれなポタジェを追求することができるのも魅力の1つです。

コンパニオンプランツって?

ポタジェガーデンを楽しむにあたって忘れてはいけないのが、コンパニオンプランツという概念です。コンパニオンプランツとは、一緒に植えることでよい相乗効果をもたらす植物のことを言います。

例えばトマトとバジルを一緒に植えることによって、バジルが余計な水分を吸収するためトマトが赤くなるという効果があります。

ベランダでポタジェを楽しむコツ

ポタジェを楽しむために

ポタジェを楽しむためには、やはり収穫できるという喜びを味わうことが重要です。育てにくい植物や、収穫できるまでに時間がかかる上に収穫数が少ない植物だとモチベーションが下がってしまいます。

初心者におすすめなのは、ナス、キュウリ、トマトなど、それほど手間をかけなくてもたくさん収穫できるものがよいでしょう。

好きなモノから始める

自宅のベランダでポタジェを楽しむために必要なのは、植物の知識でも農業の知識でもありません。最初は好きなハーブや、野菜など、「これ育ててみたいな」という好奇心があれば十分なのです。

特にベランダという限られたスペースでポタジェを楽しむには、ラダーチェストや小さめのガーデンベンチなどを使用して、立体感を出すことにより、見た目もオシャレになりますし、より多くのスペースを確保することもできます。

今は100均などでも可愛いアイテムがたくさんありますので、自分だけのオリジナルポタジェを追求してみましょう

その他の雑学についてはこちら → 都心でも増えている害獣被害を知って、予防しよう

おすすめ!ポタジェで育てたミントのレシピ

オススメ!ミントを使ったレシピ

ミントと言えば清涼感。そこで夏に家族みんなで楽しめるミントウォーターのレシピを紹介したいと思います。

よく洗ったミントの葉を10枚ほど用意してガラス瓶に入れ、そこにミネラルウォーターを注ぎます。冷蔵庫でキンキンに冷やしたら完成です。簡単ですね。

お好みで皮をよく洗って輪切りにしたレモンやレモングラスなどを入れると、さらに清涼感が増すので、暑い夏を乗り切るためのマストドリンクになること間違いなしです。

食用以外にも!?

ミントは害虫が付きにくく、育てやすいのですが、育ちすぎてしまって食用として使うには困ってしまうこともあるかもしれません。

大量消費するにあたって一番おすすめなのがミント風呂です。100円ショップで売られている目の細かいタイプの洗濯ネットに洗ったミントを好きなだけ入れて、沸かしたお風呂にしばらく漬ければミント風呂の完成です。

血行促進や疲労回復の効果もあり、夏には特におススメです。

まとめ

ポタジェガーデンについてまとめてみました。

それぞれの植物の相乗効果を活かして育てるなんて、ガーデニングって本当に知れば知るほど奥が深いですね。植物にも人間にも優しいポタジェガーデン、是非実践してみてくださいね!