スッキリした暮らしのための収納/断捨離術

Pocket

収納ラック

どんなにキレイな新築の家に住んでいたとしても、家の中がモノに溢れて足の踏み場のない状態であれば、掃除がしづらくなり、結果的に不衛生な状態になってしまいます。

ひどくなると害虫被害や健康被害にまで発展しかねません。今回はスッキリした暮らしのための収納/断捨離術についてまとめてみました。

最低限押さえておきたい収納術のキホン

分別する!

片付いていない家でありがちなのが、同じ引き出しや棚に色々な分野の物がごちゃ混ぜになって入っているという状態です。

自分なりの片づけルールがあるのかもしれませんが、一人暮らしならばともかく、家族と一緒に住んでいればそのルールも徹底しにくいため、結果的に物が散らかってしまいます。

まずはたくさんある物を分別し、使う場所の近くに収納するようにしましょう。こうすることで、一つ一つの物の片づけが楽になるので、片づける習慣をつけやすくなります。

使用頻度によってしまう場所を決める!

使用頻度の多いものが出しづらかったりしまいづらかったりすると、どんなにマメな人でも片づけることが億劫になってしまうものです。

使用頻度の高いものは収納の手前に、少ないものは奥に入れるようにしましょう。もしくは使用頻度の高いものは腰よりも少し低い場所から身長より少し高い場所の手の届く高さに、少ないものはそれ以外の低い場所か高い場所にしまうようにしましょう。

そして基本的に重いものは下に、軽いものは上に置くのが収納のキホンです。

断捨離の極意

断捨離とは、執着を断ち切ること。

物を捨てられない人にはある共通した感情があります。それは“執着心”です。

自分にはそんなものない、と思う方もいるかもしれませんが、執着心の無い人は物をバンバン捨てることにためらいがありません。傍から見たら、「そんな大事なもの、あっさり捨てちゃっていいの…?」と思うほどです。

たとえいらないものであっても、「値段が高かったから捨てられない(お金に対する執着)」、「思い出が詰まっているから捨てられない(過去への執着)」、「いつか必要になるかもしれないから捨てられない(不便、不満を感じたくないという執着)」、これらの理由で捨てられないというのであれば、それは執着を断つことができないからなのだということを、まずは自覚してみましょう。

そうは言っても、捨てられないことは悪いことではない。

「断捨離しました!」という写真と共に、まるでビジネスホテルのような部屋の写真がアップされていることが時々ありますが、生きていく上で最小限の物しか持たないという考えが必ずしも称賛されるというわけではありません。
人生にも遠回りする時期がありますが、それが決して無駄になるとは限らないように、無駄だと思うような物に自分の幅を広げる可能性があるかもしれないからです。

収納術の前に、買うモノを厳選する!

それって本当に必要?

どんなに収納上手でも、どんなに思い切った断捨離ができたとしても、モノがどんどん増えていってしまってはイタチごっこになってしまいます。

なかなか手に入りにくいレアなものや、お買い得品は思わず購入したくなってしまいますが、そんな時はそれが本当に必要かどうかを考えるようにしましょう。

買わない勇気!

購入しようかどうしようか迷ったとき、「買う」「買わない」どちらの選択をしがちか、自分で振り返ってみましょう。

お金に余裕があるから「買う」方を選んでしまうと思われるかもしれませんが、実はお金に余裕がないと思っている人ほど、「今買わなければ損をする」という意識から、つい無駄なものを購入してしまいがちです。

余計なものを増やさないためには、損をするかもしれないという執着を捨て、買わない勇気を持つことが必要です。

その他の雑学についてはこちら → 香りのチカラで魅力的な家にしてみませんか?

まとめ

収納、断捨離についてまとめてみました。散らかった部屋で過ごしていると、心まで落ち着かなくなってしまいます。

部屋を整理整頓し、心も整理すると、素敵なアイディアが湧いてくることもあるので、是非実践してみてくださいね!

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です