トイレつまりを予防するために

トイレは毎日使う場所であり、私たちの健康を司る場所でもあります。そしてリラックスできるパーソナルスペースでもあります。

そんな使用頻度の高いトイレ、できればトラブルなく気持ちよく使いたいものですが、水トラブルの中でも最も多いのがトイレトラブルでもあります。

そこで今回は気持ちよくトイレを使い続けられるよう、「トイレつまりを予防するために」をテーマにまとめてみました。

トイレつまりの前兆を見極める!

水位が上がる

用を足し終わって水を流したら、いつもよりも水位が上がってしまった…!そんなときに慌ててもう一度流そうとすると、便器から水が溢れだして大惨事になってしまうことがあります。こんな場合は水位が下がるまで待ってみましょう。

少しずつ水位が下がっていくようであれば、詰まってはいるけれど隙間がある状態ですが、全く水位が下がらないようであれば完全に詰まっていると考えてよいでしょう。

水を流したときに異音がする

水を流した際にいつもとは違う異音がする…!そんなときは排水管に問題があるか、もしくは排水管に詰まりがある可能性があります。早めに対策を取るようにしましょう。

水が流れないor流れが悪い

この場合は排水管の問題というよりもタンクに問題がある場合が多いです。タンクの蓋を開けて確認してみましょう。

トイレつまりの原因とは?

異物

トイレに異物なんて流さないからうちは大丈夫!という人も油断は禁物です。子供がいたずらして異物を流してしまったり、自分では気づかないうちにポケットに入れていたものが落ちて流れてしまったり、故意でなくても異物を流してしまうことは決して珍しいことではないのです。

トイレットペーパー以外の紙類

トイレットペーパー以外の紙類、例えばティッシュペーパーをトイレットペーパー代わりに使用する人もいるようですが、ティッシュペーパーは水に溶けないので、トイレに流してはいけません。

また生理用品やオムツなどを流すとあっという間に詰まってしまうのでやめましょう。

トイレットペーパー?!

トイレにトイレットペーパーを流して何が悪いの?と思われそうですが、実はトイレットペーパーの使いすぎによって詰まってしまうケースはとても多いのです。トイレットペーパーは水に溶けるようにできていますが、汚物とともに多量のトイレットペーパーを流してしまうと溶けきらずに流れなくなってしまいます。

つまりを予防する方法は?

節約意識に気をつける。

トイレの水量を少なくして水道代を下げるためにペットボトルなどをトイレタンクの中に入れるという節約方法が広まった時期がありましたが、十分な水量がない状態で水を流してしまうと詰まってしまう可能性があります。

また特に女性によくみられる勘違いなのですが、たとえ「大」ではなく「小」だったとしても、トイレットペーパーを使用したら「大」として流しましょう。

「小」は男性専用です。水がもったいないと思うかもしれませんが、修理代で何万円もかかることを思えば決して高くはありません。

吐しゃ物はトイレに捨てない。

吐しゃ物をトイレに流すという行為もつまりの原因となってしまいます。同じ汚物なのだから構わないだろうと思われるかもしれませんが、吐しゃ物は脂分を多く含むため、排水管にへばりつきやすく、詰まりを引き起こしてしまいます。
吐しゃ物は新聞紙などが入ったビニール袋に入れてしっかりと口を塞いで燃えるゴミとして捨てるようにしましょう。

その他の雑学についてはこちら → 家事代行サービスについて、注意点などを考える

まとめ

トイレトラブルについてまとめてみました。
トイレはちょっとしたことでもトラブルを引き起こしますが、ちょっとした心がけでトラブルを防ぐこともできます。不快な思いをせずに済むよう、毎日の使い方に気を配って快適なパーソナルスペースを守るようにしましょう。